とやま虹の会

富山県富山市水橋のショートステイ、デイサービス、ホームヘルパーの案内です。
社会福祉法人 「とやま虹の会」の紹介。

  • お電話でのお問い合わせ

トップ > 採用情報 > 先輩職員インタビュー

先輩職員インタビュー

  • 入社1年目
  • 子育てママ
  • イクメンパパ
  • 異業種からの転職
  • 定年後、再雇用
社会人1年目 介護職場で働いてみての感想を聞いてみたい
とやま虹の会を選んだ一番大きな理由は何ですか?
介護職員初任者研修の施設実習をしらいわ苑で経験させていただきました。職員の方々の笑顔や温かい雰囲気を肌で感じ「ここで働きたい!!」と思い選びました。
1年後、5年後、10年後の目標を教えて下さい。
1年後はちょうど30歳で節目になる年だと思うので、公私ともに責任感を持って大人の自覚を新たに行動していきたいです。5年後は介護福祉士の資格を取得し周囲からも頼られるような職員になっていたいです。10年後には出来れば結婚・出産を経て、その人生経験を介護に活かしたいです。「介護が天職」といつか胸を張って言えると良いなと思います。

インタビューTOPへ

ママ 将来結婚して子供が出来たら、仕事を続けられるかな
子供が出来てから、仕事を続けていく上で、どういった不安がありましたか?
研修や全体会等に参加するのは難しいなど時間的にできないことが多いので、職場に迷惑をかけないか不安でした。
とやま虹の会は「ママにとって仕事をしやすい環境」をということで、どういった制度を利用して子育てをしていますか?
夜勤を外してもらっています。
こういう制度があったら働きやすいというのはありますか?
職場に保育所があればいいなと思います。

インタビューTOPへ

パパ 育メンは仕事と家庭をどうやって両立しているのかな
虹の会初の男性職員の育休取得という事で、育休を取得しようと思った理由は?また育休中はどう過ごしていましたか?
妻の希望が一番大きな理由です。帝王切開であったということや、核家族で第二子目であることで、出産後に第一子の世話もしなければならず、誰かしらのサポートが必要だったためです。育休中は買い物や合わせて第一子の保育園送迎・料理・おむつ交換・入浴・掃除などしていましたが、特に分担して行ったわけではなく二人で出来る部分を分担するといったやり方でした。
母乳育児だったこともあり、正直私のできることは少なく、あまり必要ではないのではと思っていましたが、妻は話し相手がいるだけでも随分精神的に楽だったようです。
奥さんも同じ職場という事で、勤務の都合はどうしていますか?
土曜、日曜、祝日の休園日はそれぞれで分けて休みの希望を出して調整しています。妻が短時間勤務なので、私の勤務に合わせて朝遅くに出勤したり、フルで働いたり、夕方早くに終了したりその日によって違います。今は妻がデイサービス勤務なので調整は楽ですが以前は早番、遅番のある部署だったので調整は少し大変でした。ですが上司の理解があり配慮してもらっていて、本当に助かっています。
家庭ではどんなお父さんですか?
普通のお父さんだと思います。自分のその日の気分で怒ってしまったり、子供の前で口げんかをしてしまったり、まだまだ未熟な親です。
私は一度に一つの事しかできない性格でテレビを見てしまうと、他の事に気が回らずに限られた子供との時間があっという間に過ぎてしまうので、なるべくラジオをつけて過ごすよう気を付けています。
また、自分自身人見知りなところがあり、それが第一子にも引き継がれたようで親がしっかり人とコミュニケーションをとる姿を見せていかなければと思っています。

インタビューTOPへ

異業種からの転職 今まで違う職種で働いていたけど、介護の仕事をできるかな
介護をする前は、どのような仕事についていましたか?
自動車関係の製造業に勤めていました。その前は設計などをしていました。
なぜ、介護職をやってみたいと思ったのですか?
以前から介護の仕事に関心があり、不況をきっかけに介護職に就くことになりました。最初、親には反対されましたが・・・(笑)
経験のない中で実際に仕事をしてみて、一番苦労したことと、それをどのように克服していきましたか?
しらいわ苑入職当初、デイサービスへ配属され送迎等の利用者宅への道順を覚えるのには方向音痴の自分にとってはとても苦労しました。当時の職場の先輩方に教えて頂いたり、休みの日に散歩がてら車で回ることで克服していきました。
介護の仕事をして、うれしかったことはどのようなことですか?
人間性もあると思いますが、割と利用者の方に好かれているらしく、それによって仕事がスムーズに行える事が嬉しいです。

インタビューTOPへ

定年後 第二の人生 仕事と自分の時間をどうやっていこうかな
第二の人生何かチャレンジしてみたいことはありますか?
50歳を過ぎてから虹の会に就職し介護の世界に入り込んだことが私にとっては第二の人生で大きなチャレンジでした。趣味で何かにチャレンジするとしたら、器用な人間ではないので辞めたら考えます。
定年前と定年後で何か自分の中で気持ちの変化はありますか?
私自身気持ちの変化はありませんが、昨年ちょっとしたことで足の指の骨を折った時あー歳なんだなぁ~と思い少しショックでした。
後輩たちに仕事に対して望むことは何ですか?
後輩に望むことなんて特にありません。ただ私の好きな言葉は“一生懸命”です。自分なりの一生懸命でよろしいのではないでしょうか。
仕事で一番心に残っていることはなんですか?
家族以外で初めての静かな看取りを行った時。

インタビューTOPへ

上へ行く?

〒939-3535 富山県富山市水橋新堀1 tel:076-479-2082 fax:076-479-2078
社会福祉法人 とやま虹の会 理事長:大野孝明

© 2008 Nizinokai